text1text2

高性能住宅とは・・・
数値が小さいほど断熱性能が高い「熱損失係数Q値」
数値が小さいほど気密性が高い「相当隙間面積C値」
この二つの値が低い住宅が「高性能住宅」と呼ばれています

Q値は、同じ資材を使用しても、立地や設計のやり方で大きく値が変わります
例えば、敷地の方位によって同じ建物でも値が変わりますし、南側の窓を小さくすればかなり値が下がります
お客様のご要望や敷地の状況に合わせて設計を行うことで効率的で効果的な性能を得ることができます

C値については、室内をラップ状にしたり、外断熱と組み合わせることでその数値だけでなく、建物の内部結露を抑制して腐朽しにくくすることができます
このように数値を下げるだけでなく、数値以外の効果まで考えた工法の組み合わせを行うことで、より効率良く性能を得ることができます

また、上記の数値で測られる高性能住宅の意味合いとは異なりますが、屋根で温めた空気を床下に送る「パッシブソーラー」は、冬場に床を暖かくしたり、内壁内の空気の循環を良くしたり、基礎コンクリートを乾燥させるなど様々な効果があります

ピースホームは「この家づくりが最も良いですよ!」とは申し上げません

このような様々な工法のメリット、デメリットをお伝えし、お客様の家づくりに対する想いをお聞きした上で、少しでもニーズに近い家づくりを提案させていただきます

kodawari1